乳がんについて

乳がんは乳腺に発生する悪性腫瘍

乳がんは、乳房にある乳腺(母乳を作るところ)に発生する悪性腫瘍です。

症状は「しこり」「乳頭から血がまじった汁がでる」「乳首の陥没」「皮膚のくぼみ」「痛み」「脇のしこり」など、さまざまで、年齢によらず発生する病気です。

初期症状がないため、放置されやすい

細胞が、がん化して増えはじめると「しこり」になりますが、初期には食欲が減ったり体調が悪くなるなどの全身症状は、ほとんどありません。唯一の乳房の変化に気づかずにそのまま放置しておくと、乳房の外にまでがん細胞が増殖し、血管やリンパ管を通って全身へと広がっていきます。

壮年期女性のがん死亡のトップ

「乳がんはまだ私には関係ない」と思っていませんか?

乳がんは30代から40代にかけて急増します。(ピークは40代後半~50代)〝閉経後は大丈夫〟〝50歳過ぎたら乳がんにならない〟ということもなく、年齢によらず発生する可能性があります。

”家族や親戚に乳がんがいない〟〝出産、授乳経験があるから大丈夫〟ともいえません。現在日本人女性の25~30人に1人が生涯の間に乳がんにかかるといわれています。現在では女性の壮年層(30~64歳)のがん死亡原因のトップとなっています。ここ30年の乳がんの急激な増加は、食生活やライフスタイルの変化がエストロゲンという女性ホルモンの分泌に影響していると考えられています。

検診で要精査の通知が!?

乳がん検診を行なったら、医療機関から届く検診結果を見てみましょう。

異常なしの場合

定期的にセルフチェック(自己検診)を行い、医療機関で乳がん検診を受けましょう。定期的に行う事で早期に変化に気づくことができます。

良性の石灰化があるが異常なし、良性のしこりがあるが異常なしの場合石灰化やしこりがあっても良性のものなので、心配ありません。良性の石灰化やしこりが悪性に変化することはありませんが、新たなしこりや石灰化ができている可能性は十分にありますので、定期検診は変わらず受けましょう。

要経過観察の場合

良性の可能性が高いが、大きさなどが変化する可能性がある場合や、数パーセントの確率で良性とは言い切れない場合です。そのまま放置せず定期的に診察を受けましょう。状態が変化する可能性もあるため、経過を見る事が大事です。

要精密検査の場合

疑わしいところがあるので詳しい検査をしましょう。「要精密検査=悪性」というわけではありません。精密検査の結果では90%程度は良性の診断になっています。精密検査には、細胞診や組織診があります。この精密検査を受ければ、良性か悪性かがわかるので必ず受診しましょう。

また、毎年要精査になるけど結果は異常なしだから今年も大丈夫だろう、と受診をしないでそのまま様子をみる方もおられますが、同じ場所が要精査になったとは限りません。必ず医療機関を受診してください。

乳がんは早期発見であれば約90%の人が治癒すると言われています。早期発見のためにセルフチェックや検診が大切なのはもちろんですが、マンモグラフィや超音波診断装置を使った画像診断を定期的に受けることで、乳がんの早期発見率はぐんと高まります。