薬剤部

薬剤部の理念

病院の理念と基本方針に基づき、チーム医療の一旦を担うものとして、患者さんの安全と安心を第一に考え、医薬品の安全確保と適正使用を推進します。

基本方針

  1. 医薬品の安全で効果的な使用のための管理と情報提供の充実をはかる
  2. 高度専門化する薬剤業務に対応しうる専門知識の習得に努める
  3. 他職種・他部門との円滑な業務連携を推進する

香川労災病院薬剤部では、ここに挙げた「薬剤部の理念」「薬剤部の基本方針」に基づき、患者さんの安全を第一に考え、薬の適正使用に日々努めています。

私たち薬剤師がお役に立てることがありましたら、どうぞお気軽に声をかけてください。

スタッフ

【薬剤部長】 鹿間 良弥
【薬剤副部長】 溝口 貴幸
【主任薬剤師】 4名
【薬剤師】 12名
【薬剤助手】 2名

薬剤部からのお知らせ

薬剤部写真

入院当日にはお薬をすべてお持ち下さい

薬剤部では、患者さんの入院が決まりましたら、入院中に安全な薬物治療を受けていただくために、お薬を確認をさせていただいています。手術や検査の予定のある患者さんでは、中止する薬があるかどうか事前に確認を行い、必要があれば医師に確認し、中止の指導を行います。

入院当日には、使用しているお薬、サプリメント、健康食品などを確認させて頂きます。

また、お薬手帳や薬剤情報などがありましたら合わせてお持ち下さい。(詳しくお知りになりたい患者さんは、お薬窓口でご相談ください。)

薬剤部の業務

私たち薬剤師は、医療チームの一員として、「調剤」「注射薬の無菌調製」「医薬品の供給と品質管理」「医薬品情報の収集と提供」及び「服薬指導」などを行っています。

病気の治療に欠かすことのできない「薬」を、常に患者さん中心の医療を心がけ、薬剤師としての科学的思考に基づき、最も安全で効果的な薬物療法が行えるように取り組んでいます。

処方せん発行について

香川労災病院では、外来患者さんには原則として院外処方箋を発行し、院外の保険薬局でお薬をもらっていただくようになっています。

発行された院外処方せんには、直近3カ月以内の検査値の一部が載るようになりました。これは検査値を院外の保険薬局にも確認してもらうことによって、患者様にあったお薬の量やお薬の副作用を未然に防ぐためです。

併せて、かかりつけの保険薬局を決めていただきますと、当院以外のお薬との重複、飲みあわせのチェックなどを受けることができます。また、病院ロビーには丸亀市薬剤師会の運営する院外処方せんFAXコーナーが設置されています。




内服・外用薬の調剤

薬剤部写真3

医師の処方せんに基づき、内服薬、外用薬(貼り薬、ぬり薬、坐薬、目薬ほか)などの調剤を行なっています。

その際、投与量やお薬の飲み合わせなどを確認し、患者さんが安心して使用していただけるよう、2重、3重の確認をしています。

また、調剤時のミスを防ぐため、最新の散薬、水薬監査システムも導入しています。

入院患者さんで多種類のお薬が処方され、飲み方が分かりづらい方のためには、自動錠剤分包機を使用して1回分のお薬を一つの袋(1包化調剤)に入れて飲みやすくすることができます。

注射薬の調剤

医師の注射処方せんに基づき、各患者さん毎に1回に使用する単位毎に、注射薬の取り揃え(調剤)をして病棟に払い出しています。

その際には、投与量、配合変化の有無及び投与法等を薬学的な視点から検討し、必要に応じて処方した医師に問い合わせを行い、注射薬が安全に使用されるよう努めています。

自動アンプル払い出し機を導入したことにより、注射調剤が効率化され、安全性の向上につながりました。

更に、注射ラベルにはバーコードが印字されるようになっており、実施時に患者確認や内容確認ができるようになっています。

薬品管理業務

薬品管理業務は、病院内で使用される医薬品や患者さんに処方される医薬品の購入、保管、出庫などを管理する仕事です。

必要な薬品が不足しないよう使用状況を把握し、薬剤部や院内に配置している薬品について、定期的に保管状況や使用期限等を確認しています。

製剤業務

薬剤部写真6

製品化された薬品がない場合で、治療上どうしても必要な薬品については、薬事委員会の承認を得た上で薬剤部で製剤をしています。

調製時には、安全性と安定性を十分に考慮しています。




抗がん剤・TPN輸液の混合・調製

薬剤部写真6

薬剤部には、クリーンルーム、クリンベンチ、安全キャビネット等の専用の設備を備えており、無菌調製を必要とする高カロリー輸液 (TPN)や抗悪性腫瘍薬の調製・混合を行っています。

薬剤師2名がこれらの無菌調製を担当しており、調製後の薬品は調製者とは別の薬剤師が配合変化や間違いがないかを確認します。

また、治療スケジュールの管理も行なって患者さんが安全に治療を受けられるよう努力しています。

薬剤管理指導業務

薬剤部写真7

入院患者さんには、各病棟において担当薬剤師が入院時に持参された薬の確認や入院中に使用する薬について効果や副作用、用法及び用量等の説明をしています。

また、薬剤師の視点でお薬の効果や副作用の確認をさせていただき、患者さんの状態に合わせてより良い治療が行われるよう医師に情報提供しています。

医薬品情報室・副作用報告

薬剤部写真8

医薬品情報室では、最新の医薬品情報を収集・管理し、院内各所へ提供しています。

また、医療従事者や患者さんからの問い合わせに対しても迅速な対応を心掛けています。

院内で医薬品によって発生した副作用の情報も、医薬品情報室に集約されます。入手した副作用情報は、厚生労働省へ報告すると共に、分析・評価を行ない院内での再発防止のための情報を提供しています。

治験業務

「治験(ちけん)」とは、国(厚生労働省)から「薬」として承認を受けるために行う臨床試験のことです。治験管理室では、医薬品の臨床試験の実施基準(GCP:Good Clinical Practice)を遵守した治験実施の支援と治験薬の管理及び治験事務業務を行っています。

チーム医療への参加

薬剤師の専門性を生かし、緩和ケアチーム、NST(栄養管理サポートチーム)、感染対策チームのメンバーとしてチーム医療にも積極的に参加し活動しています。