医療機器管理業務

中央臨床工学部業務一覧

医療機器管理業務 循環器関連業務 ペースメーカ関連業務 集中治療室業務 血液浄化業務 高気圧酸素治療業務 手術室業務 一般病棟業務 医療機器安全管理研修会・その他

医療機器管理業務

中央臨床工学部では、院内35機種・約1260台(2018年12月現在)の医療機器を中央・分散の形態で管理しています。電子カルテと連動したME管理システムにより医療機器の返却、貸出、修理、点検の記録などを一括管理して、効率的な医療機器の運用に努めています。

中央管理されている医療機器には、輸液ポンプ、シリンジポンプ、経腸ポンプ、フットポンプ、PCAポンプ、低圧持続吸引器、エアマット等があり、分散管理では、人工呼吸器、除細動器、心電図モニタ、心電計、AED等を各部署に配置しています。

日常・使用後点検、年間の定期点検計画を策定して保守・点検業務を行うほか、医療機器の故障・破損時は可能な限り院内で修理を行っています。

医療機器管理室

各種チェッカ

各種チェッカ

除細動器

除細動器

AED

AED