リハビリテーション科

診察表

診察日・受付時間等は変更になる場合もありますので、病院へお問い合わせください。

午前 太田 太田 太田 太田 太田

リハビリテーションのご紹介

リハビリテーション科、中央リハビリテーション部の特色

  1. 急性期のリハビリテーションを行っています。骨関節系疾患、脳血管系疾患、呼吸器系疾患、心血管系疾患、代謝系疾患の患者さんのみならず、癌の手術前後や化学療法、放射線治療、緩和ケアなど様々な治療を受けられている患者さんに対しても入院早期からの介入を心がけ、廃用予防や早期離床に取り組んでいます。そして早期の家庭復帰や職場復帰の支援を目指しています。
  2. 急性期から回復期、生活期の各医療機関・施設との間で地域連携クリティカルパス(大腿骨近位部骨折・脳卒中・NST)を共有し、地域一体となってシームレス(継ぎ目のない医療)な療養環境を提供しています。

リハビリテーション科、中央リハビリテーション部の理念

働く人々や地域の人に安全で安心のより良いリハビリテーション医療を提供します。

理学療法(PT):スタッフ数8名

理学療法(PT)には、運動療法、物理療法がありますが、当院では運動療法を中心に行っています。
主な対象疾患は、下肢骨折、脊椎疾患、脳卒中、心不全、肺炎、癌など多岐にわたります。

運動療法には

  1. 関節の動きを良くしたり、筋肉を強くしたり、その反応を良くしたり、運動への耐久性を良くしたりする療法
  2. 基本的な動作や運動を通して、日常生活に必要な動き(寝返り、起き上がり、座位保持、立ち上がり、立位、歩行など)を習得する療法

PTがあります。

運動は身体に良いと思われがちですが、実は“諸刃の剣“です。実施に当っては十分な医学的管理が必要となります。

発病・発症後、手術後などの急性期状態にある患者さんは循環状態、呼吸状態などが不安定であるため細心の注意を払って取り組んでいます。

作業療法(OT):スタッフ数3名

作業療法(OT)では上肢の機能向上のための練習や様々な作業活動を用いて患者さんの能力面に対してアプローチし、生活障害の改善や家庭復帰、職場復帰の支援を目的に発症・術後早期から対応しています。

主な対象疾患である中枢性疾患(脳卒中、脊髄損傷等)のみならず、手の外傷(骨折、筋腱・神経損傷等)に対するハンドセラピー、さらには癌の患者さんなど多岐にわたる疾患に対して取り組んでいます。

作業活動とは

  • 機能回復を目的とした練習
  • 食事や着替え等の日常生活動作練習
  • 計算問題や塗り絵、折り紙やちぎり絵等を用いた心身機能面へのアプローチ

言語聴覚療法(ST)スタッフ数2名(平成29年度1名育休中)

言語聴覚療法(ST)は、コミュニケーションや食べることに障害がある患者さんに対して、機能の回復や維持を目的としています。

人は言葉によってお互いの気持ちや考えを伝え合い、コミュニケーションを成立させて生活しています。言葉によるコミュニケーションには言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能が関係していますが、病気や交通事故等でそのような機能が損なわれることがあります。

脳卒中後の後遺症として出現する言語障害には失語症(一度獲得された言葉を使う機能が低下し、話す、読む、書くといった言葉のいろいろな面に症状が現れる)や構音障害(唇や舌などの麻痺のために発音が不明瞭になる)があります。

また、舌や喉の動きが悪くなり、水や食べ物をスムーズに飲み込むことが困難となる嚥下障害が現れることがあります。

言語障害、嚥下障害を抱える患者さんは、それぞれに障害の重さやその内容は多岐に渡っています。患者さん一人ひとりの症状に適した対応を心がけています。

担当医師

太田 裕介 おおた ゆうすけ
■役職

リハビリテーション科部長

■専門

リウマチ、関節外科、リハビリテーション医学

■所属学会・認定資格等

日本リウマチ学会リウマチ専門医・リウマチ指導医
日本リウマチ財団登録医
日本整形外科学会専門医
日本リハビリテーション医学会専門医・指導責任者
日本体育協会認定スポーツドクター
日本骨・関節感染症学会推薦インフェクションコントロールドクター

荒瀧 慎也 あらたき しんや
■役職

第四整形外科部長(兼)
第二リハビリテーション科部長

■専門

脊椎脊髄外科

■所属学会・認定資格等

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医