研修概要

病院データ

病院番号 30669
指定基準 基幹型
プログラム名 香川労災病院卒後臨床研修プログラム
プログラム責任者 北浦 道夫
評価方法 Minimum EPOC

 

プログラムの特徴

  1. 1年目は必修科目の内科6ヶ月、救急3ヶ月、選択必修3ヶ月となり同時期に重ならないように配慮します。
    「臨床研修の到達目標(厚生労働省)」の全てを達成できるように調整します。
  2. 1年目に必修科として地域医療1ヶ月、その他は選択必修の期間を11ヶ月設けることで、将来の選択肢を幅広く考えることができるように配慮しています。選択科目については必修科目・選択必修科目の研修終了前に研修医の希望を確認のうえ調整します。
一年次 必修 選択必修
6M 3M 6W 2W 1M
内科 救急 選択必修より選択 精神科 小児科
二年次 必修 選択科
1M 11M
地域医療 選択科より選択

選択必修は(外科、麻酔科、産婦人科、その他)

選択科:内、循、外、整、形、脳、泌、産婦、眼、耳、放、リハ、検(病理)、麻・救急

協力病院 精神科:医療法人社団中和会 西紋病院 小児科:国立病院機構四国こどもとおとなの医療センター

地域医療:小豆島中央病院・豊見城中央病院(沖縄)・坂出聖マルチン病院・宇多津病院から選択

香川労災病院卒後臨床研修プログラム
香川労災病院 臨床研修ノート