高気圧酸素治療業務

MEセンター業務一覧

医療機器管理業務 循環器関連業務 ペースメーカ関連業務 集中治療室業務 血液浄化業務 高気圧酸素治療業務 手術室業務 一般病棟業務 医療機器安全管理研修会・その他

高気圧酸素治療業務

高気圧酸素治療(HBO)は大気圧よりも高い高気圧環境下で純酸素を吸入することで、患者さんの自然治癒力を高める事ができます。また、気圧を高くすることで、体の中にできてしまった気体を圧縮し、再溶解することができます。その適応疾患は広く、突発性難聴、腸閉塞、放射線潰瘍、皮膚移植、低酸素脳症、一酸化炭素中毒、減圧症などに対してHBOを行っています。

当院の高気圧酸素治療装置は第2種高気圧酸素治療装置で一度に5人の治療が可能な大型の治療装置です。臨床工学技士は装置の操作、管理を行ない安全な治療を提供しています。

高気圧治療装置の外観はあまり見る機会はないと思いますが、このようなステンレスのタンクのような構造をしています。

タンク内部の様子です。治療時間は平均1時間30分治療時間がかかりますので、ゆったりできるようにリクライニングの椅子に腰掛けて治療を受けて頂きます。

操作室です。多くのモニター類があり治療室内の圧力、温度を調整し、コンピュータプログラムを使用して患者さんに安全な治療が行えるようになっています。