脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

塩田和代

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

脳卒中を発症した患者様の多くは麻痺や言語障害、嚥下障害などの後遺症により、それまでの日常生活が突然できなくなることがあります。入院後は病態を把握し合併症を予防しながら、できるだけ早く離床できるように考えています。

生活再構築のための支援を計画・実践し、ひとりでも多くの方が社会復帰できるようサポートしています。急性期治療が一段落した後も、転院先や在宅への相談・調整をしており、安心してリハビリテーションや療養ができるよう地域連携にも取り組んでいます。

脳卒中にかかわるもっとも身近な存在として、何でも相談できる立場でありたいと考えています。