がん性疼痛看護認定看護師

金生睦子

がん性疼痛看護認定看護師

がんと診断された患者さんの70~90%は医療用麻薬を必要とする「痛み」があると報告されています。日本人は「痛み」を我慢する傾向が強く、これぐらいの「痛み」は大丈夫と話される患者さんも多くありません。しかし、「痛み」は食欲、睡眠、興味などにも影響し、QOLにも関わってきます。「痛み」という症状緩和をしっかりと行うことで目標を持った治療の継続や日常生活を送ることができると考えています。

日々、「痛み」を語ることに消極的な患者さんに向き合い、闘病生活のお手伝いが少しでもできればと緩和ケアチームの一員として、活動を行っています。