看護部

看護部長あいさつ

看護部長

香川労災病院看護部は、「地域や社会のみなさま一人ひとりに信頼される看護を行います」を理念とし、人と人のふれあいを大切に、安全で安心していただける温かいケアの提供に日々努力をしております。とくに、今年度は「患者を生活者としてとらえた意思決定支援ができる」を目標に、看護活動に取り組んでいます。近年では、医療の複雑化や在院日数の短さに伴い、患者さんは自分の治療を自分で決めるという事が難しくなっています。だからこそ、患者さんの一番身近にいる看護師が看る・聴く・心にふれるという事を大切にしながら、患者さんの生き方を支えるという事を大切にしていきたいと考えております。そのため、看護職員の教育は、昨年度から再構築しているクリニカルラダーに沿って、ジェネラリストの育成から専門性を追求できる研修体制を整えています。新人看護職員研修はラダーⅠに該当し、集合研修や部署、さらに個人に合わせたプログラムで、少しずつ自信をつけながら、プリセプター・チューターと共に成長できるようOJT・OFF-JTを組み立てています。

また、今年度は産科病棟が7月にリニューアルオープンします。命の誕生をご家族ともに大切に、かけがえのないものにできるよう、妊娠から出産後まで助産師がご家族のバースプランに沿ったケアを提供できるよう努めております。CLoCMiPレベルⅢのアドバンス助産師が、より安全で安心できる助産ケアを提供致します。

さらに、社会や地域の皆様との出会いを大切にチームの一員として自律できる助産師・看護師を目指しており、専門・認定看護師の資格取得支援も積極的に行っています。専門・認定看護師は、臨床現場にそれぞれ配置になっているため、ジェネラリストを目指す看護師も専門的な知識や技術も多く学べる環境になっております。また、ママさん看護師も家庭と仕事をうまく両立しながら、生活者として豊かに過ごせるようワークライフバランスも力をいれております。

四季折々に美しく、日本一の石垣のある丸亀城の城下町にある香川労災病院で、あなたの看護の力を発揮してみませんか。

看護部長  埴岡康恵子

看護部理念

地域や社会のみなさま一人ひとりに

信頼される看護を行います。

基本方針

  1. 安全・安心の看護を提供するために、看護の専門性を高める
  2. 地域・社会に信頼される活動をする
  3. より良い看護が実践できるような職場環境を整える
  4. 健全な病院運営に参画する

平成30年度看護部目標

  1. 患者を生活者と捉えた意思決定ができる看護の提供
  2. やりがいと成長を実感出来る職場環境の構築