看護部

看護部長あいさつ

看護部長

“看護の楽しさ、やりがいを感じられるように支援します”

私たち香川労災病院の看護職は「地域や社会のみなさま一人ひとりに信頼される看護を行います」を理念とし、人と人のふれあいを大切に、安全で安心していただける心のこもったケアの提供に日々努力しております。

病院完結の医療から、地域完結の医療に変化していく中で看護師は、病気への支援とともに、患者さんの生活を視野に入れた支援が必要になっています。そういった意味で、患者さんを生活者として捉え、患者さんの意思決定を尊重し、その人らしく生活できることを目標に、入院前から退院後までを支援しています。そのため、看護師の教育にも力を注ぎ、ジェネラリストの育成から専門を探求するスペシャリストの育成まで、それぞれのキャリアプランに沿って支援できる体制を構築しています。2019年からは特定行為研修修了者の養成も開始しました。香川労災病院に就職した看護職一人ひとりが自己実現に向けて、やりがいを感じ、活き活き行動できることが私の願いです。

患者さんを取り巻く、さまざまな職種の中で、チーム医療のキーパーソンとして活躍できる看護師を目指し、ともに学び、ともに成長していきましょう。

香川労災病院 看護部長
藤原 久己子

看護部理念

地域や社会のみなさま一人ひとりに

信頼される看護を行います。

基本方針

  1. 安全・安心の看護を提供するために、看護の専門性を高める
  2. 地域・社会に信頼される活動をする
  3. より良い看護が実践できるような職場環境を整える
  4. 健全な病院運営に参画する

平成30年度看護部目標

  1. 患者を生活者と捉えた意思決定ができる看護の提供
  2. やりがいと成長を実感出来る職場環境の構築