中央放射線部

中央放射線部のご紹介

CT(Computed Tomography)

CTではX線を使用して得られた画像をコンピュータで処理することで、身体の輪切りの画像を見ることができます。頭部や体幹部、上肢や下肢などの内部構造を精密に確認でき、撮影時間も短く、15秒程の息止めでスキャンすることができます。

CT検査では必要に応じて造影剤という薬を使用し、血管情報などをより詳しく観察することがあります。

東芝メディカル社CT装置「AquilionCXL」
東芝メディカル社CT装置「AquilionCXL」

また得られたデータを処理することで、骨や臓器、血管などの3次元画像を作成することができます。血管の内部状態を確認し、狭心症や心筋梗塞などの原因を探索することができ、カテーテル治療の判断、支援画像として使用されています。心臓撮影は心電図と同期して撮影することで心臓が静止した状態に見える画像を取得できます。造影剤の注入も腕の静脈注射から行うので終了後はすぐに帰宅することができます。

現在、肝臓がんや大腸がんの手術を安全に行うためにも3次元画像が利用されています。肝臓の場合は、切除する肝臓と走行する血管を色分けして表示させ、その容積がどのくらいで肝臓の何%に相当するかを計算することもできます。外科医はこの画像をもとに綿密な手術計画を立て手術を行っています。

被曝について

CT検査はX線を使用するので放射線による被曝はありますが、必要な部位に最小の線量になるよう計算されています。例えば頭部のCT検査の場合はX線写真の10倍程度の被曝線量で撮影することができ、身体への影響もほとんどありません。

妊娠の可能性のある方は検査前に主治医にご相談ください。

トップに戻る

MRI(Magnetic Resonance Imaging)

MRI(磁気共鳴画像法)は強力な磁石と電波を利用した検査で、体内の状態を様々な方向からの断面像として描出することができます。放射線は使用していないので被ばくの心配はありません。

東芝メディカル社MRI装置「EXCELARTVantage」
東芝メディカル社MRI装置「EXCELARTVantage」

現在、当院には1.5T(テスラ)のMRI装置が2台あります。2台共、MRI特有の検査時の騒音を減少させる機能を備えており、従来の装置より30%程度静かになっています。また装置も大口径のデザインを採用しており、体格の大きな方、狭い所が苦手な方でも検査を受けられるよう配慮されています。

当院では、頭部、脊椎、体幹部、四肢など多くの部位の検査を行っています。MRI特有の機能として、造影剤を使用しなくても血管(血流)を描出でき、コンピュータ処理をすることで血管の外観を観察できるMR angiographyや、胆管・膵管の中の液体を描出するMR cholangiopancreatographyなど、身体に負担の少ない検査となっています。(より詳しい情報を得るために造影剤を使用する場合もあります。)

検査時間は検査部位により異なり、15分から1時間程度かかります。MRI検査は様々な目的で行われており、特性の異なる数種類の画像を得ることで、病変の成分が何でできているのかを判断することができます。

磁石と電波とを利用しているため、体内に金属や電子機械類がある方はMRI検査が出来ません。

  • 心臓ペースメーカ※1
  • 植込み除細動器
  • 一時ペーシングワイヤ
  • スワンガンツカテーテル
  • 体内リード線
  • 強磁性体脳動脈瘤クリップ
  • 強磁性体Zステント
  • 人工内耳
  • 神経刺激装置※2
  • 脊髄刺激装置
  • 骨成長刺激装置など

1) 条件付きMRI対応ペースメーカ埋め込み型の心臓ペースメーカは検査可能です。

2) 条件付きMRI対応神経刺激システムは検査可能です。

トップに戻る

乳房撮影(マンモグラフィ)

乳房撮影(マンモグラフィ)
乳房撮影(マンモグラフィ)

乳房はやわらかい組織でできているため専用のX線装置を使用します。マンモグラフィは乳房にできる多くの病気を見つけることができ〝しこり〟として触れないごく早期の乳がん(石灰化)を発見することもできます。撮影時間は10分程度であり、X線を使用していますが、その量はわずかであり身体への影響はほとんどありません。

当院では日本乳がん検診精度管理中央機構の認定を受けた女性の診療放射線技師が撮影を行っています。安全に、より良い画像を提供すために、以下のような方は検査を受けることができない可能性があります。

  • 妊娠中、授乳中の方
  • 豊胸手術後の方
  • ペースメーカやシャントの入っている方

部分的に撮影したり、方向を工夫して撮影できる可能性もあります。詳細は担当医や放射線技師にお尋ねください。

乳がんについて

トップに戻る

RI(核医学)検査

シーメンス社ガンマカメラ装置「e-CAM」
シーメンス社ガンマカメラ装置「e-CAM」

RI検査(核医学検査)は微量の放射性物質(RI)を用いて病気を診断する検査です。放射性物質を特定の臓器に集まる薬と結び付けて体内に投与します。体内に入ったRIは薬の性質により特定の臓器や細胞に集まります。この集積の状態は病気により異なり、これをガンマカメラと呼ばれるカメラを使用して画像化します。

CTやMRI検査の画像は形態を詳しく観察できますが、RI検査では形態的な情報の他に血流や代謝など機能の変化を画像情報として映し出すことができます。形態として変化が現れる前の兆候を、より早期に捉えることがでます。疾病の診断、病期や予後の確認、治療効果の判定など様々な目的で行われています。

SPECT(Single Photon Emission Tomography)

装置を回転させて撮影することで、RIの分布を3次元的に捉え、CT画像のように輪切りの画像として表示することができます。

当院では主に以下の検査をしています。

  • 骨シンチグラフィ
    骨疾患の変化を調べます。
  • 心筋シンチグラフィ(心筋SPECT)
    心臓の筋肉の血流分布や心機能を調べます。
  • 脳シンチグラフィ(脳SPECT)
    脳の血液の流入状態、分布、血管の予備能力を調べます。

他にも腫瘍シンチ、甲状腺シンチ、肺血流シンチ、唾液腺シンチなど様々な部位の検査を行っています。

撮影について

開始時間: まず放射性医薬品の投与を行います。その後、目的の臓器に薬が集まるのを待ち撮影を始めます。このため検査によって開始までの時間が異なります。投与後すぐに撮影する検査もあれば、数日あけてから開始する検査もあります。撮影時間:20分から1時間撮影回数:通常は1回。検査により時間をあけて数回撮影する場合があります。

被曝について

RI検査1回あたりの被ばく量は、0.2から8ミリシーベルト(mSv)です。参考までに胸部X線は0.05mSv、CT検査は8.3mSv、胃X線検査(いわゆるバリウム検査)では0.6mSvであり、他の検査と変わらない被曝量と言えます。

私たちは日常生活においても、わずかな量の自然からの放射線を受けています。その量は1年間に約2.4mSvと言われており、この点から見てもRI検査の被曝について心配する必要はありません。

トップに戻る

骨塩定量(骨密度)検査

ホロジック社X線骨密度測定装置「DiscoveryCi」
ホロジック社X線骨密度測定装置「DiscoveryCi」

骨塩定量検査(骨密度検査BMD:Bone Mineral Density)は、骨に含まれるカルシウム等のミネラル成分の量を測定する検査で、骨粗鬆症や代謝性骨疾患の診断に役立ちます。また、骨の健康状態を数値化することで、骨量の減少を早期に発見し、適切な予防や治療を行うことにつながります。

当院ではDEXA法(Dual-Energy x-ray Absorptiometry)で、2種類のエネルギーのX線透過率の差から骨量を測定します。筋肉や脂肪等の厚みに影響を受けず骨の成分だけを抽出できるため、体格等に左右されない安定した値を得ることが出来ます。

検査について

検査部位は腰椎と大腿骨頸部です。測定時間は各5分程度です。

解析に身長と体重を使用するため、検査前にお尋ねします。

検査中は仰向けで撮影台に寝てもらうだけで、痛みなどはありません。

骨密度について

測定した骨量をその面積で割った値が骨密度です。

骨量(g)÷ 面積(cm2)= 骨密度(g/cm2)

トップに戻る

血管撮影装置

フィリップス社血管撮影装置「AlluraXperFD20」
フィリップス社血管撮影装置「AlluraXperFD20」

近年、日本人における三大疾病は「がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳血管障害」と言われています。これらの病気の時に、その検査や治療などに使用されるのが血管撮影装置です。

血管撮影検査は、手首や肘、太ももの付け根の血管から細い管(カテーテル)を入れ、脳や心臓など目的の臓器まで先端を進めて、そこから造影剤を注人し血管の状態を撮影します。動脈瘤の有無、血管の狭窄や閉塞、腫瘍の分布や血流状態を知ることができます。

造影剤を注入しながら時間を追って撮影し、前後の画像で引き算することで血管だけを描出した画像を作成したり、装置を回転しながら撮影を行うことで、複雑な血管構造を立体的に表示し、様々な方向から観察することもできます。

血管撮影装置により血管の状態を把握し、これをもとに様々な治療が行われています

血管内治療

目的の部位まで移動させたカテーテルを利用して様々な治療を行います。IVRは病気の部位だけを正確に治療でき、身体への負担が少なくなるので入院期間も短くて済みます。高齢者や状態の悪い進行ガンをふくめたガンの治療などに広く応用されています。また、緊急状態(大出血)からの救命や、血管などの閉塞あるいは動脈瘤に対する治療にも利用されています。

血管塞栓術

東芝メディカル社血管撮影装置「InfinixCeleve・INFX・8000V」
東芝メディカル社血管撮影装置「InfinixCeleve・INFX・8000V」

出血が続く場合に、体の中から血管を詰めることで止血します。

腫瘍に栄養を送っている血液の流れを止めて、腫瘍が育つのを阻止したり、壊死させたりする方法もあります。
血管形成術細くなった血管を拡げたり、血管内に詰まった血栓を薬で溶かし、血液の流れを元に戻します。その他にも当院では以下のような様々な検査、治療が行われています。

  • 動脈塞栓術(TAE)
  • リザーバー留置術
  • 静脈塞栓術
  • 経皮的血管拡張術(PTA)
  • ステント留置術
  • ステントグラフト留置術
  • 血栓溶解術
  • 血管内異物除去術

トップに戻る

放射線治療

シーメンス社放射線治療装置「ARTISTE」
シーメンス社放射線治療装置「ARTISTE」

放射線治療は、手術、化学療法と並ぶ、がん治療三本柱の1つと言われています。がんに対し放射線を体の外から照射することで治療を行います。がんの治癒を目指す根治治療から症状を和らげる緩和治療まで幅広く用いられています。

放射線治療は、ほぼ全ての部位に対して治療が可能で、高齢者や体力の低下している方への治療も行うことができます。また手術のように切除しないため、臓器の機能温存が可能で、他の治療法に比べて体への負担が小さいという特徴があります。

当院の放射線治療

リニアックと呼ばれる治療装置で体の外から放射線(X線や電子線)を照射する治療を年間約250名以上行っています。また脳腫瘍に対しては2mm以内の誤差でピンポイントに照射する定位放射線治療(SRT)も行っています。

当院では、2011年にリニアックをシーメンス社製の新機種アーティストに更新し、画像誘導放射線治療(IGRT)や強度変調放射線治療(IMRT)のような高精度な治療が施行できるようになりました。また呼吸同期システムも新たに導入され、早期肺がんに対する呼吸同期照射も可能になりました。

定位放射線治療:Stereotacticradiotherapy(SRT)

高い精度で病変の形に一致させてX線を照射する治療方法。X線を3次元的に方向を変え照射することで、周囲の正常組織に対する被曝を抑えながら腫瘍には高線量の投与が可能となります。

画像誘導放射線治療:Imageguidedradiotherapy(IGRT)

X線写真やCT画像を参考に照射位置を確認し、位置誤差を補正しながら正確に治療を行う技術。ずれがある場合はべッド位置の修正を行う。

強度変調放射線治療:Intensitymodulatedradiotherapy(IMRT)

各方向からのX線を小さいビームに分けてそれぞれの強さを変えることで、腫瘍の形状に合わせた線量分布を作成することができ、周囲臓器の被ばく線量をより低減できる技術。

呼吸同期照射

肺などの病変は呼吸で動きますが、呼吸のタイミングに合わせてねらい撃ちすることで照射範囲を小さくでき周囲臓器の被ばく線量を低減できます。

放射線治療に関わるスタッフ

放射線治療専門医

患者さんの状態に合わせた最適な治療方針や計画を立てます。治療についての詳しい説明を行い、治療中や治療後の診察も行います。

放射線治療技師

実際の治療を担当します。治療計画どおりに照射を行い、かつ治療機器の日常点検や精度管理も行っています。

放射線治療看護師

患者さんやそのご家族のケアを行います。治療中に起こる副作用等の状態変化を患者さんに一番近い目線で観察し支援していきます。

専門の資格を持ったスタッフが、それぞれの技術・長所を生かして患者さんに安心して治療を受けていただけるよう、きめ細やかに対応していきます。

トップに戻る

その他保有機器

 

  • 一般撮影装置:6台
  • X線TV装置:3台
  • 歯科撮影装置:2台
  • ポータブル撮影装置:3台
  • ポータブル透視撮影装置:3台
  • 結石破砕装置:1台
  • 胸部検診車:1台
  • 胃部検診車:1台

トップに戻る