栄養管理部

ようこそ栄養管理部へ

栄養管理部では、安全で、治療効果があり、食事時間を待ち遠しく感じていただけるような、家庭的な美味しい健康食を目標に、患者さんの全快を願い、調理師他スタッフは調理させていただいております。

食事療養(病院食)

食事は一般療養食、特別治療食に分かれており、治療のために個々の患者さんの病態に合わせた食事を主治医の指示のもとにご提供しております。

術前・術後や、食欲不振、嚥下障害を持つ患者さん、ベッド上で動けない、手が不自由、歯の調子が悪い、アレルギーがあるなどの患者さんには、できるだけ個別対応ができるように心がけています。

一方、低栄養患者さんに対し栄養サポートチームNST(医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、管理栄養士等)による栄養管理を行い、栄養状態の改善、感染症の防止、合併症の減少を行っています。

入院患者さんに少しでもお食事を楽しんでいただけるように次のような工夫をしています。/

選択メニュー

食事療養(病院食)

一般療養食の常食(主食ごはん)をお召し上がりの患者さんには毎日主菜二品の中から、お好み料理をお選びいただけます。

献立は病棟の掲示板に貼り出していますので利用して下さい。

行事食・産褥祝い膳

手づくりカード

出産のお祝い膳、四季折々行事に合わせて、手作りのカードを食事に添えています。

家庭と同じように季節感を少しでも味わっていただきたいと願っております。

温かいものは温かく・冷たいものは冷たく

調理場イメージ
当院は16台の「保温・保冷配膳車」にて、適温のお食事を患者さんにお届けしています。

新鮮な食材、いりこや昆布など天然だしを使っています

ちょっとうす味に感じるかも知れませんが、新鮮な食材の持ち味を生かすように心がけてます。

デイルームで食事ができます

讃岐富士、象頭山を眺めながらの食事はいかがですか。

配膳室には給茶機、電子レンジがありますのでご利用ください。

衛生管理、事故防止に気をつけています

調理場内はオゾン、オゾン水で殺菌、湿度50%以内、温度25度以内で管理し、異物混入防止などに気をつけています。

出入り業者さんにも検便を実施していだき、食材の理化学検査の提出などご協力いただいおります。

また、自動消化器、ガス漏れ探知機などを設置し事防止にも気をつけております。

患者さんにも食中毒防止のために、調理したものを持込まれる場合は主治医にご相談いただくなどご協力いただいております。

非常食をご用意しております

万一災害が生じた場合、飲料水、炊き込みごはん、粥など三日分を準備しております。

厚生大臣から「優良特定給食施設」表彰を賜りました

家族イメージ

家族イメージ全国の集団給食施設を対象に毎年19施設が表彰されます。当院は平成7年に受賞することができ、スタッフ一同常に心を新たに日々研鑽しております。

皆様の温かいおことばを励みに。

栄養相談

管理栄養士は、食と栄養すべてに関わりを持つ職種です。 栄養相談は患者さんへの適切な食事の提供と共に重要な位置付けをされています。

当院では食事に関するご相談をすべての患者さんを対象にお受けしています。

患者さんの検査値を基に、食生活・生活習慣・身体状況を考慮し無理なく継続できる内容で行います。毎日安心して食事を楽しくするために一緒に学習しましょう。

個別相談、集団相談(腎臓病、糖尿病、肝臓病)ともすべて予約制(月~金曜日)ですので、ご都合のよい日を主治医または看護師にご相談ください。


体の中の脂肪量や、水分量が測れます。お気軽に管理栄養士に声をかけて下さいね。

チーム医療

栄養サポート(NST)、緩和ケア、褥瘡、急性心筋梗塞等のチーム医療にも参加しています。

栄養管理士の専門性を生かし、治療効果の向上に努めています。