形成外科

診察表

診察日・受付時間等は変更になる場合もありますので、病院へお問い合わせください。

午前 田中 田中 田中 田中
午後 田中

形成外科のご紹介

形成外科は外表に見られる変形、異常、色の変化などの、いわゆる醜状を対象として、これらを外科的手段により修復、再建し患者さんが機能的、形態的さらには精神面を含めて満足な社会生活を送ることができるよう手助けすることを目的とした、外科学の一分野です。 いかなる創傷もまったく元通りの皮膚に復元されるわけでなく、必ず瘢痕となって残ってしまいます。

形成外科では常に愛護的な手術操作を心がけ、フックピンセットに代表される特別な手術器具を使用し、丁寧な皮膚剥離や真皮縫合といった修練された技法を用い、より傷跡の目立たない手術を目標としています。

主な疾患

  • 単純皮膚切除縫縮術(皮膚皮下良性腫瘍切除、摘出。脂腺母斑、表皮母斑)
  • Z、W、V-Y形成術(瘢痕線状瘢痕拘縮)局所皮弁移行術
  • 筋膜皮弁移行術(褥瘡、難治性潰瘍の修復)植皮術(熱傷潰瘍、関節部瘢痕拘縮形成、難治性潰瘍)
  • Co2レーザー(顔面色素性母斑、脂漏性角化症、肉芽腫、陥入爪治療)
  • 純粋な美容外科的手術は行っていません。上眼瞼除皴による瞼裂狭小の修正、瘢痕による二重の変形の修正、ピアス(私費)等は行っています。

特徴・特色

近年、創傷治癒における湿潤環境の重要性が認識され、種々の創傷被覆材を用いた治療法が注目されています。被覆材を適切に使用することで、Ⅱ度熱傷のほとんどは植皮の必要もなく短期間で、軽微な瘢痕を残すだけで治癒させることができます。少し深い擦過傷でも、痛みの少ない治療が可能です。しかし、被覆材単独での治療法には弊害や限界があり、軟膏を使った治療法との併用が必要となってきます。

形成外科では以前より、植皮の際の採皮創やⅡ度熱傷の治療にさまざまな被覆材を使用してきました。その経験を生かし、外科的療法だけではなく、難治性潰瘍、褥瘡、熱傷の保存的治療も専門分野として取り組んでいます。

担当医師

田中 均 たなか ひとし
■役職

形成外科部長

■専門

形成外科全般

■所属学会・認定資格等

日本形成外科学会形成外科専門医