緩和ケア科

緩和ケア外来の提供体制

緩和ケア外来は、がん患者さんの苦痛を和らげ、在宅で緩和ケアを受けながら、より良い生活ができることを支援していきます。地域のかかりつけの先生との連携(診療所・クリニックからの症状緩和の相談、在宅療養に関する相談など)を推進していきます。

具体的な身体症状

痛み・息苦しい・食欲がない・吐き気がある・お腹が張って苦しい

担当の医師が症状の緩和方法をアドバイスします。

こころの相談

眠れない・不安がある・気分が落ち込む

緩和ケア認定看護師や臨床心理士が担当しますが、専門的な治療が必要な場合は、近隣の病院を紹介します。

緩和ケア外来の診療予約の方法

緩和ケア外来受診は、かかりつけの先生からの紹介が必要です!!

【診察日】
予約状況に基づく
【診療時間】
かかりつけ医と協議した時間
予約時間を守るためにも予約枠を超える詰め込みは避けたいと思います。ご理解とご協力をよろしくお願いします。
【お持ち頂くもの】
緩和ケア外来診療情報提供書、レントゲンなど検査データ、健康保険証、外来予約票です。

担当医師

木下 敏史 きのした としふみ
■役職

第二緩和ケア科部長

■専門
■所属学会・認定資格等

日本産婦人科学会産婦人科専門医・指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本放射線腫瘍学会および日本医学放射線学会放射線治療専門医