香川労災病院初期臨床研修における理念及び基本方針

香川労災病院初期臨床研修における理念

  1. 高い倫理観と豊かな人間性を備え、患者・家族・地域住民の信頼を得られる医師の育成
    心のかよったやさしい医療を行える医師の育成
  2. 高度な医療機能の活用と医師に要求される基本的臨床能力の修得を目指す

香川労災病院初期臨床研修における基本方針

  1. 医療全般にわたる広い視野と高い見識を持てる
    医学、医療の全般にわたる広い視野と高い見識を持ち、臨床に必要なプライマリ・ケアの基本的診察能力を習得させる。また、質の高い医療が提供できるよう生涯を通じて教育・学習を続ける態度と習慣を有し、高度な医療技術の習得に努める。
  2. チーム医療ができる
    医療の現場において自己の限界を認識し、他の専門職との連携、チーム医療の実践に必要な連携構築を行うことができる。
  3. 患者の立場に立った医療を実践できる
    患者から人間としても信頼される思いやりの心をもった医療人となり、地域住民の信頼を得られる医師を育成する。

  4. 地域医療に貢献できる
  5. 地域医療に関心を持ち、健康の保持、疾病の予防から社会復帰に至る医療全般の責任を有することを自覚し行動する。

  6. 勤労者医療を理解する
    勤労者医療に対する理解を深め、実践する能力を身につける。