耳鼻咽喉科・頭頸部外科

診療科の紹介

耳鼻咽喉科医は現在3名で、そのうち2名が耳鼻咽喉科専門医、1名が指導医を取得しております。

また、当院は日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設の指定を受けています。

当科で扱う疾患は、鼻副鼻腔疾患、頭頸部腫瘍、急性感染症、急性感音難聴、中耳炎、顔面神経麻痺などです。

症例について

鼻副鼻腔疾患、扁桃疾患、頭頸部腫瘍など豊富な症例があり、経験豊かなスタッフが指導します。

手術名 2016
内視鏡下副鼻腔手術
 (鼻中隔矯正術)
168
(108)
口蓋扁桃摘出術 56
唾石(顎下腺含む)摘出術 15
気管切開術 22
頚部リンパ節摘出術 13
鼓室形成術 20
鼓膜チュービング術 2
喉頭微細手術 27
その他 48
総数 371

研修内容

  • 耳鼻咽喉科医として基本的な知識・技術を身につけることを目的とします。
  • 検査(喉頭ファイバー、エコーなど)
  • 手術(後述)
  • 術前・術後管理

当院で習得できる基本的手技

口蓋扁桃摘出術を執刀する後期研修医

  • 鼻出血の止血術
  • 咽喉頭の異物除去
  • 皮膚・皮下の縫合手技
  • 扁桃摘出術、アデノイド切除術
  • 鼓膜チュービング術
  • 声帯ポリープ切除術
  • 気管切開術
  • 頸部リンパ節摘出術
  • 鼻中隔矯正術、粘膜下鼻甲介切除術
  • 内視鏡下副鼻腔手術
  • 顎下腺摘出術
  • 頭頸部腫瘍摘出術

耳鼻咽喉科での研修を志望される方へ

症例が豊富であり、まず助手を経験しながら、徐々に術者として経験を積むことができるよう指導します。