乳房撮影装置が更新されました

トモシンセシス撮影も可能な乳房撮影装置と、専用の画像診断ワークステーションを導入。

乳房はやわらかい組織でできているため専用のX線装置を使用します。マンモグラフィは乳房にできる多くの病気を見つけることができ〝しこり〟として触れないごく早期の乳がん(石灰化)を発見することもできます。

mmg01
当院では通常のマンモグラフィ撮影に加え、トモシンセシス撮影も可能です。乳腺組織と重なって見つけにくかった病変も観察しやすくなります。検査時間は従来と変わらず、被ばく線量も同じくらいに抑えられています。

トモシンセシスとは
全てを1枚の画像に写す通常の撮影と異なり、トモシンセシス撮影ではX線管球を動かしながら撮影することで立体的な情報を取得します。これを元に、深さ方向の異なる薄いスライスの写真を複数枚作成し観察できます。これにより乳腺組織と重なって見つけにくかった石灰化などの病変をより識別しやすくなります。
mmg02